ホーム画面に追加する

このアプリをホーム画面に追加する場合は、 をタップして、次に[ホーム画面に追加する]をタップします。

許容可能であると認識されている船舶の衝突リスクは、実際は許容できない場合もある

  • が起こったのですか?

    船は当初の計画よりも狭い湾域の河川港に係留されていました。

    台船は船の回転半径内のターミナルの横に係留されていました。

    船の左舷は、台船の右舷船首を0.1ノットでかすめました。

    船は大きな被害を受けませんでしたが、台船の修理にかかる推定費用は約35万ドルでした。

    台船、船、係船柱に生じた損傷
  • なぜ、そのようなことが起きたのでしょうか?

    元の計画が変更されたとき、操縦士はリスクを許容できるものとして認識しました。

    当初の計画は、川のさらに上流の大きな内湾に入ることでした。船は時間を節約し、交通を避けるために、より小さな船回し場を曲がる必要がありました。

    • 推定旋回面積は、直径290mでした。
    • 台船の幅は17mで、船の長さは244mでした。
    • これは29mの小さな余裕がありました。

    リスクは評価されず、橋梁チームは異議を唱えませんでした。

    • ひとりよがり – チームは以前にこの操縦を行い、成功し、実行しても安全であると認識しました。
    • 不十分な監督 – 船の動き、外力(風、流れ)、台船のクリアランスの誤った判断。
    Why did it happen - icon
  • 彼らは何を学びましたか

    わずかな空間しかない場合、方向転換は避けてください。

    操縦チームと係留チームの間の良好なコミュニケーションを確保します。特に、海岸/岸や他の係留船との旋回範囲を確保します。

    橋梁チームは、船舶の操縦特性を十分に認識し、それに応じて操縦士に通知する必要があります。

    What learn - icon
  • 自問自答するか、クルーに質問してください

    このような事件に関係したことがありますか?

    係留作業において「許容できる」リスクと考えられるのは?

    船の操縦士は、橋梁チームとどのようにコミュニケーションしますか?コミュニケーションを改善するために何ができますか?

    安全ではない方法で作業する作業員にどのように異議を申し立てできますか?

    Ask your crew - icon
公開日 10/03/22 48 閲覧数 0 いいね

船は河川港を曲がっていました。船の回転半径内のターミナルの横に係留された台船があり、船は台船の右舷船首をかすめました。

出典 IMCA