ホーム画面に追加する

このアプリをホーム画面に追加する場合は、 をタップして、次に[ホーム画面に追加する]をタップします。

船舶が近づいているときにナセルが自動的にヨー旋回しました。

  • が起こったのですか?

    サービス運用船(SOV)に風力タービン発電機(WTG)に近づく許可が出されました。

    3 人の技術者がギャングウェイで WTG に渡りました。

    オペレーターが WTG ナセルが(方向を変えて)動いていることに気付きました。オペレーターは直ちに船舶に連絡しました。

    船舶は WTG から離れ、タービンの製造元のオフィスに報告されました。

    タービンの動きによって、船舶またはギャングウェイがタービンブレードに衝突する可能性がありました。

    タービンに接続されているウォーク・トゥー・ワーク式ギャングウェイのあるサービス運用船(SOV)
  • なぜ、そのようなことが起きたのでしょうか?

    船舶が近づく前に、リモートオペレーターが WTG を「停止モード」にしていませんでした。

    このため、(ケーブルがよじれたので)WTG が自動的にヨー旋回を開始しました。

    WTG を停止モードにして、これを船舶に連絡することが、承認された作業手順書で最初の行動として優先されていませんでした。

    Why did it happen - icon
  • 彼らは何を学びましたか

    責任者が WTG を「停止モード」にして、船舶が近づく前に船舶と確認しなければなりません。

    手順書を見直して、WTG を「停止モード」にすることを、操作の最初の手順として含めます。

    「四つ目の原則(二人の規則)」を導入して、2 人の責任者が行動して、活動を確認します(例えば、タービンを「停止モード」にして、船舶上の責任者と確認します)。

    インシデントをタービン製造元と共有して、追加エンジニアリング制御の導入を検討します。

    What learn - icon
  • 自問自答するか、クルーに質問してください

    このようなことが起こる理由は何か?

    今日の移動中に同じようなことが起きた場合にすべきことは何か?

    ナセルのヨー旋回に自動的につながる要因は何か?

    船舶が近づく前にタービンが確かに停止するようにどのような措置を施しているか?どのように改善できるか?

    Ask your crew - icon
公開日 27/01/22 89 閲覧数 0 いいね

3 人の技術者がギャングウェイでサービス運用船(SOV)から風力タービン発電機(WTG)に渡りました。オペレーターがナセルが動いていることに気付きました。タービンの動きによって、船舶またはギャングウェイがタービンブレードに衝突する可能性がありました。