ホーム画面に追加する

このアプリをホーム画面に追加する場合は、 をタップして、次に[ホーム画面に追加する]をタップします。

機械装置不具合により、油分の混じった水ピット近くでガス漏れが発生

  • が起こったのですか?

    個人ガス検知器の警報が鳴ったとき、労働者は油分の混じった水ピットの近くにいました。

    ガス検知器は、ピットから150mmで100%の爆発下限界濃度(LEL)可燃性雰囲気を検出しました。

    作業員は、可能性を絞ることで、ガスの源がスクリューコンプレッサーのサクションスクラバーからの油分の混じった排水ラインであることを特定しました。

    彼は装置をシャットダウンし、ライン管理者に通知しました。

    前回のチェックは19時間前に正常に完了しました。

    今回、漏出速度88.6 kg/h(プロセス計算で推定)に基づいて、1,683 kgのガスが放出された可能性があります。

    この事故で怪我や影響はありませんでした。

    What happened - icon
  • なぜ、そのようなことが起きたのでしょうか?

    機械設備の故障:

    • コンプレッサースクラバーレベルコントローラーは、爆発下限界のセーフガードと同時に故障しました。
    • これにより、油分の混じった排水への流路により、大気に放出されました。

    不十分なプルーフテスト手順とプルーフテストの実行。

    リスクの標準化:

    • 油分の混じった水ピットは安全な放出場所であると認識されていました。
    Why did it happen - icon
  • 彼らは何を学びましたか

    油分の混じった水ピット周囲にハードバリア立入禁止区域を設定します。

    スクラバーの爆発下限界のセーフガード機能を設計/再設計して、危険な、明らかになっていない障害の可能性を減らします。

    スクラバーの爆発下限界のセーフガード機能の具体的なプルーフテスト手順を策定および実行します。

    リスクを標準化しないでください - 水ピットは安全な放出場所と見なされていました。

    以前の事故から学ぶ - 同じ現場で2か月前に同様の事故が発生しました。

    What learn - icon
  • 自問自答するか、クルーに質問してください

    どのような最悪の事態が考えられますか?

    以前にこのようなことを経験したことがありますか?何が起こったのですか?

    この現場では、ガス漏れ防止のためにどのような安全対策を採っていますか?

    • スクラバーの爆発下限界のセーフガード機能をどのようにプルーフテストしますか?

    「許容できる」と考えられるリスクは何ですか?それらは本当に標準化されるべきですか?

    Ask your crew - icon
公開日 10/05/22 51 閲覧数 0 いいね

ガス検知器が150mmで100%の爆発下限界濃度(LEL)可燃性雰囲気を検出したとき、作業員は油分の混じった水ピットの近くにいました。ガスの源は、油分の混じった排水ラインでした。装置はシャットダウンされました。

出典 IOGP