ホーム画面に追加する

このアプリをホーム画面に追加する場合は、 をタップして、次に[ホーム画面に追加する]をタップします。

ポンプのメンテナンスは以下の通りです。作業前に作業前に危険なエネルギー源を識別します。

  • が起こったのですか?

    その作業員は、脈動減少装置の洗浄ポンプを修理していました。

    ゴムダイアフラムがハウジングから外れ、3 m (10 フィート) 飛びましだ。

    幸いなことに、負傷者はいませんでした。

    ポンプの底板とゴムダイアフラム
  • なぜ、そのようなことが起きたのでしょうか?

    底板を外した時、水ポンプはまだ窒素圧下にありました。

    窒素圧下でないダイアフラムの不全 (以前、よく問題となっていた) がポンプ不全の原因であると作業員は考えました。

    ポンプブラダの支障だと思い、作業員は圧力を確認しませんでした。

    脈動減少装置の働きがよく理解されていなかったため、作業許可にはこれの圧力抜きを含んでいませんでした。

    キャップスクリュー (CS)。 底板、ダイアフラム、窒素フィルバルブ、および予備リング
  • 彼らは何を学びましたか

    全作業員が機器装置の働きについて、またどのようなリスクがあるか理解していなければなりません。

    脈動減少装置のメンテナンス手順を策定し、現存の手順を更新して脈動減少装置の圧力抜きを加えます。

    相手先商標製造会社 (OEM) の文書を改正し、脈動減少装置が明確に識別できるようにした上で、組立やメンテナンスを行う時の混乱を防ぐために、不要な情報を削除します。

    What learn - icon
  • 自問自答するか、クルーに質問してください

    問題の所在を勝手に推定しないようにするには、どうしたら良いですか?

    作業開始前にエネルギー遮断を確実に行うには、ポンプや他の加圧機器をどのように点検しますか?

    今日使用・修理する機器についてあまり把握できていない場合、どうすべきですか?

    このようなことが現場で起こるのを防ぐために、どのような対策を設けていますか?どうすれば改善できますか?

    Ask your crew - icon
公開日 18/11/21 88 閲覧数 0 いいね

脈動減少装置の洗浄ポンプにメンテナンスを行なっている時、そのポンプが窒素圧下にあったことに気付かず、一人の作業員が底板を外してしまいました。ゴムダイアフラムがハウジングから外れ、3 m (10 フィート) 飛びました。幸いなことに、負傷者はいませんでした。